バトル・ルネッサンスの全条件を達成してきました

こんにちは!クル・ルネッサンスです!

バトル・ルネッサンスがついに公開されましたね!

友達の少ない私は、今日はサポート仲間を連れて攻略をしようと思っていたのですが、運よくフレンドさんに声をかけて頂いたので、連れて行ってもらう事にしました。

12時過ぎからやり始め、転職やスキル振り直しなどをしながら戦っていき、全部終わった時には夕方になっていました。

強いフレンドさんに助けられたおかげで一応全ての条件をクリアすることができたので、バトルの攻略やバトル・ルネッサンスというイベントについて感じた事などを書いてきたいと思います!

必要耐性などについてはこちらをご参照ください

バトル・ルネッサンス 必要耐性一覧

クエスト受注方法

まずは偽のグランゼドーラ城E3のポイントにいる、ルネデリコというNPCに話しかけてクエストを受注します。

クエストの内容は、「安らかにまどろむような姿のしぐさ」をするというものです。

ちょっと何の事なのか思いつかなかったので、廊下に立ってみたり、驚いてみたり、立ったまま寝てみたりして恥ずかしい思いをしつつようやく正解にたどり着き、成功しました。

正解のしぐさは「寝る」のしぐさです

ラッカランのゴーレックからちいさなメダル15枚で交換できます。ちなみにいま記事を書いている21:00時点の旅人バザー相場は約2万Gとなっています。

寝るのしぐさを使うとNPCルネデリコが反応してクエストクリアとなり、バトル・ルネッサンスが遊べるようになります。

ルネデリコのすぐそばにいる追憶のキャンバスという大きな絵のNPCに話しかけると戦うボスと難易度を選択できます

難易度「超強い」について

難易度の「超強い」ですが、こちらは以下の4つの項目に分かれていました。

超強いバトルクリア

○分○秒以内に倒す

どうぐを1回も使わずに倒す

パーティ全員を同じ職業にして倒す

ボスとバトルの難易度については選択できますが、これらの項目は自分で選択するわけではありませんでした。

「超強い」を選択してバトルを行い、勝利時に条件に当てはまっているものがあればクリア扱いとなります。

例えば、もしも誰も道具を使わずに制限時間内にバトルに勝利した場合は

「○分○秒以内に倒す」と「どうぐを1回も使わずに倒す」の2つの条件が1度で同時にクリア扱いとなります。

また「超強い」のバトルに勝利した場合、「強い」「普通」「弱い」の3つの難易度もクリア扱いとなります。

ですので、報酬のスキルブックをもらうためには「強い」以下の難易度に挑戦する意味はありません。どのみち「超強い」に勝利しなければ報酬のグロリアの数が足りないからです。

以前の記事で「超強いはスルーしてもスキルブックはもらえるのでは?」と予想していましたが、その予想は外れてしまいました…

さて、「超強い」がどのくらいの強さなのかという点についてですが

ドラクエ10極限攻略データベース (他サイト様リンク)

の管理人のおてうさんの調査によると

敵の攻撃力は、難易度「強い」よりも強くなっていて、さらにダメージ自体が50%増しとなっているようです

真やいばの効果は「敵の攻撃ダメージを50%ダウンさせる」効果ですので、超強いの敵に真やいばを入れた場合のダメージは150%-50%=100%という事になります。※除算ではない点に注意。

超強いのバトルに限り、真やいばの効果はダメージ半減とはならず、ダメージ1/3カットという事になりますね

報酬のグロリアについて

多分、ひとつの条件をクリアするたびにグロリアが1枚もらえます。

わたしは超強いのみと戦っていき、「強い」以下の難易度を選択していなかったので、多分とつけておきました。

もし後々そうじゃなかったという場合にはこちらに訂正を入れますね!

初日という事もあり、正確性に欠けてしまいすみません。

ちなみに、全ての条件をクリアするとしぐさや立ち姿や称号などがもらえるのでは?という噂も流れていたようですが、特に何ももらえませんでした><

占い師4人で効率よくグロリアを集めよう!

スキルブックを入手するためにはグロリアが60枚必要なので、スキルブック入手のためにスルーできる条件は10個までとなります。最初の方のボスは比較的弱いので、最初の方のボスは全ての条件をクリアし、後半の難しいボスの条件を2つスルーするなどの方法もありますね。

もしフレンドさんたちと誘い合っていけるなら、占い師4人などの構成で「どうぐを1回も使わずに倒す」と「パーティ全員を同じ職業にして倒す」をまとめてクリアしていくと効率が良いです。

今日わたしが行った進め方は、まず占い師4人で道具を使わずにすべての「超強い」をクリアしてから構成を変えて時間制限の条件をクリアしていくという進め方でした。

これなら転職回数や装備や宝珠の入れ替えも最小限で済みますので、もし占い師4人で集まることができるならこのやり方で効率よく回るのが良いですね。

注意点としては、このボスたちはなぜか倒しても経験値をくれません

これがとっても厄介で、クリアしてその経験値でヘロヘロを直して次のボスに挑戦する、といったやり方ができませんもし途中で宝珠を入れ替えたくなった場合には、いったん試練や討伐などをしてヘロヘロを直してから宝珠を入れ替え、再度パーティを組んで戦うという非常に面倒な手順を踏まなければならないので、できる事なら転職や宝珠の入れ替えは最低限で済むように、「どうぐを1回も使わずに倒す」と「パーティ全員を同じ職業にして倒す」はまとめて達成しておきたいんですよね。

そのために適している職業が、MP回復や蘇生のできる占い師というわけです。

デッキは審判や太陽などをしっかり組み込んだ回復よりのものが有効です。

制限時間は気にしなくてよいので、とにかく全滅しないように、アイテムを使わないように安定重視で戦っていくことができますのでおすすめです!

制限時間の条件を攻略しよう!

先に道具縛りと4人同職縛りを終わらせてからこちらの条件の戦いに挑戦しました。制限時間条件は縛り条件があると達成が難しくなるため、構成も自由に決められてアイテムも使える状態にしたかったからです。

今回の構成は「戦士・戦士・道具・占い」でした。

とにかく条件を達成できれば良いので、回復は占い師の太陽のカードと道具のメディカルデバイス、やばい時は雫ぶっぱするという戦い方です。

戦士は両手剣を装備し、真やいばや両手剣特技での攻撃、チャージタックル等で戦います。道具は基本的にブーメランを装備し、デュアルブレイカーを入れたりバフや磁界シールド等で支援します。占い師はムチでスパークショットしたりバフや蘇生回復をしたり、複数の敵の場合は範囲攻撃で敵全体にダメージを与えていきます。

強力な攻撃を受けた時には職に関係なく葉っぱや雫で立て直します。

今回の敵は、HPはかなり高く、攻撃力も高いです。

ですが、スタン耐性は低いのでチャージタックルや体当たりがガンガン決まります!道具使いがデュアルブレイカーを入れてしまえば、体当たりでもかなりの高確率でショックを与える事ができるため、デュアルブレイカーと体当たりでほとんどのボスが大体何とかなっちゃいます。

後半の一撃が強力なボスたちも、戦士2人がチャージタックルと体当たりで足止めしつつ攻撃していくことで安定して戦う事が出来ましたし、クリアタイム的にもかなり余裕がありました。

とにかくクリア優先でしたので僧侶を入れませんでしたが、この戦法ならば「戦士、戦士、道具、僧侶」でしずくを縛るか控えめにしても十分にクリアできたと思います。

制限時間条件では逆に前半のボーダやメイガ等の方が難しく感じました。特にメイガはガジェットが無ければかなりキツかっただろうなぁという印象でした。

というわけで、もし制限時間攻略で詰まってしまうという場合は、よければこちらの構成で試してみてくださいね!

しずくブッパでいいからとにかくクリアしたいという方向けには、ガジェット2枚、真やいば&武神4枚の「戦士・戦士・道具・道具」「戦士・戦士・道具・レン」などでも良さそうですね。

とにかくどの構成でもポイントは、デュアルブレイカー体当たりです

ひとつだけお伝えしたい点としては、このデュアルブレイカー体当たりスタン戦法は、あくまでスタン耐性の低い今回のボスたちだからこそ使える戦法です。今回有効だからと言って、どんなボスにでもむやみに体当たりを連発するのだけは絶対にやめましょう基本的には体当たりを連打するのはとっても悪手です。どんな場面でも体当たりを連発する事の弊害については今回は割愛しますが、いずれ記事にしたいと思います。

まとめ

今回は、今日実際に私が戦ったやり方を例に書いてきましたが、これって仲の良いフレンドがいる方か、臆せずに野良募集に参加できる方向けの内容なんですよね。

今回のコンテンツはボスの難易度とか構成とかよりも、むしろ一番大事な事はパーティを組めるかどうかという点ではないかと感じます。実際にわたしもたまたまフレンドさんにお誘い頂いてすべての条件をクリアすることが出来ましたが、サポート仲間ではこんなにスムーズにいかなかっただろうなと思います。

今回の記事ではサポ攻略やパーティの組み方などには触れる事が出来なかったので、そこがちょっと反省点かなと思います。今後はもう少しそのあたりの事にも気を使った記事が書いていけたらなと反省しつつ、まとめという事にしたいと思います。

以上、バトル・ルネッサンスの全条件を達成してきました、でした!

336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

336280