ターンエンドとは

今回はここまでのまとめとしてターンエンドについて書いていきます。

ターンエンドとは何なのか?

「ターンエンド」という言葉は、特に常闇ボスなどではもう当たり前に使われている用語ですよね。

ですが、多くの人が認識している言葉である反面、曖昧なままの理解でなんとなく使っている人も多い言葉でもあります。

大体理解しているよって人も、曖昧なままなんとなく使っているかも…という人も、この機会にもう一度ターンエンドについておさらいしてみましょう!

※以降のターンエンド解説は公式発表ではないため今後「実は正確ではなかった」となる可能性もゼロではありませんが、現状では一番しっくりくるのではないかなと思います。

ターンエンドの仕組み

モンスターの基本ゲージが満タンになると本決定が行われます。

本決定が行われると、そこから15秒の時間切れタイマーがカウントダウンを始めます。

戦士やパラディンなどが相撲で妨害し続けます。
既に相撲ゲージも満タンになっていますが、基本行動の本決定中なのでこの段階ではまだ押し合い反撃は発生しません。

ついに本決定から15秒が経過しました。相撲などによって本決定から15秒経過しても行動が実行できなかった場合、本決定していた行動はキャンセルされます。
本決定が解除された瞬間の状態は、相撲ゲージは満タン、基本ケージも満タン、ただし基本行動の本決定は行われていない状態です。

この基本行動の本決定が解除された瞬間の「相撲ゲージが満タン、基本行動の本決定無し」の状態は押し合い反撃行動が発動する条件にあてはまります。

なので押し合い反撃行動が実行されます。

これがターンエンドの仕組みです。

ここまでの流れを整理すると

「本決定した行動が15秒経過しても実行できなかったため本決定が解除された」

「本決定解除時に相撲ゲージが溜まっていた(押し合い反撃の条件を満たしていた)ので押し合い反撃を行った」

となります。

ちなみに、稀にですが15秒の時間切れの時点で相撲ゲージが満タンになっていないという事もあります。

モンスターを迷宮の柱やマップ外周などに引っ掛けて足止めした場合(プレイヤーとの接触ではないため相撲ゲージが進んでいません)や、相撲をしていない状態が2秒続き、途中で相撲ゲージがリセットされた場合です。

モンスターはときどき、進行方向を変えて回り込んでプレイヤーに近づこうとします。(L字とか迂回行動とか言われているのがこれです)
この時はモンスターからの押し判定はなく、プレイヤーも押していなければ相撲状態が解除されます。そのため状況やタイミング次第では壁役がいたのに2秒間の押し合い無し状態が発生して相撲ゲージがリセットされているというケースが発生します。

そのようなケースでは時間切れ発生時(ターンエンド時)に相撲ゲージがたまっていないことがあり、すぐにまた基本行動が本決定されます。

そのため、見かけ上はターンエンドですが、押し合い反撃行動ではなく基本行動を行います。

あれれ!?いま押し反行動では使ってこないはずの行動をターンエンドに行ってきた!?と感じるケースがこれに相当します。

例えば「ダークキングがターンエンドにやみのはどうを使ってきた」とか、「メイヴがターンエンドにショックウェーブを使ってきた」などのケースです。

もうひとつ、タゲ移りについても記載しておきます。

壁に入っていたプレイヤーが本決定の時間切れ直前に壁を抜け、そのプレイヤーが押し反行動のターゲットとなった場合、タイミングが良ければ押し反行動の射程から逃れてそのままタゲ下がりが成立する事があります。これがタゲ移りです。

常闇ボスのように、ギリギリまで複数人で壁をしてからエンドの攻撃を警戒し壁を離れるという戦い方のボスでは、タゲ移りは比較的よく目にしますよね。

タゲ移りの場合は、基本行動のターゲットではなく押し合い反撃行動のターゲットとなって逃げているわけです。

「あれれ?ターンエンドが来ない??」とか「今回ターンエンドまでやたら長くない??」という場合がこれです。

この時の押し反行動(タゲ移りした行動)にも15秒の時間切れがあります

タゲ移りの押し反行動も15秒の時間切れを起こしたケースでは、次の行動は基本ゲージによる行動が選択されます。(非怒り時は非怒り行動、怒り時は怒り時行動)

運が良ければ15秒毎にタゲ移しを繰り返し続けてモンスターに1度も行動させないという事も理論上は可能です(ターゲット運なども絡むため現実的にはほぼ不可能ですが)

意図的にタゲ移しを狙っている攻略動画です。

【DQX】キングヒドラ 武武僧僧 (ニコニコ動画)

敵の行動回数を大幅に減らし最初に取った怒りを5分近くも継続させています。
この動画がアップロードされた頃、わたしはまだドラクエ10をプレイすらしていませんでしたが、3年以上経った今見てもすごいと思える動画ですね!

336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

336280

コメント

  1. コロポカ より:

    質問です!

    1.「ターンエンド」という表現の、「ターン」「エンド」それぞれの(管理人様が意図している、読み手に伝えたい)意味を教えて下さい
    2.一部サイト等で「『ターンエンド』と『押し合い反撃』は区別するべき」という意見が見られました。この点を管理人様はどう思われますか?

    • クルル より:

      コメントありがとうございます!

      1)
      ターンエンドというのはいわゆる造語で、もともとは別のゲームか何かで使われていた言葉がドラクエでも使われるようになったというのが私の認識です。
      ターンはドラクエで言うと「ゲージを溜め始めてから何か行動を行いそれが終了するまでの一連の流れの単位」、エンドはそのまま「終わり」という意味で、これらが複合した言葉がターンエンド(ターンの終わり)という言葉なのだと思いますし、私の意図する意味もそのままです。

      2)
      私は今のところ
      ・押し合い反撃行動=相撲ゲージ(押し合いゲージ)が溜まった時に行う行動
      ・ターンエンド=行動の時間切れを起こした瞬間の状態、またはその時に行う行動
      という風に定義付けしていて、時間切れが起きた時に押し合い反撃行動が選択され実行されるというのがターンエンドの基本的な動きだと考えているので両者は区別したほうが良いと思います。特にターンエンドとは何なのか?という事を考える場合には区別が必要だと思います。