準備時間と硬直時間

今回はプレイヤーにもモンスターにも存在する概念の「準備時間」と「硬直時間」についてです。

まずはプレイヤーの説明から。

特技や呪文を選択した時、それらの技はすぐに発動が確定するわけではなく、発動の確定までには若干の間があります。

この間が「準備時間」です。

呪文の場合は「詠唱時間」とも呼ばれています。

準備時間の長さは技ごとに違い、使用する特技や呪文の威力か効果が高いものほど長めに設定されている傾向にありますが、中には準備時間が0秒でコマンド選択した瞬間に即発動するというものもあります。

「通常攻撃」「すてみ」「魔結界」「おたけび」…

などが準備時間0秒の特技です。

片手剣の特技「はやぶさ斬り」の場合、準備時間は1.0秒です。

コマンド入力を行ってから1秒の間があり、1秒経過と同時に技の発動が確定します。

この1秒の間はあくまで「準備」の時間なので、この時にキャンセルボタンを押すと技の使用がキャンセルできます。同様に、準備時間中に「はげしいおたけび」などを食らって吹っ飛んだりした場合にも発動はキャンセルされます。

また準備時間中はターンゲージ(プレイヤーのゲージ)の進みがストップします。

準備時間が終わり技の発動が確定すると、次は技の「硬直時間」が始まります。硬直時間中は次のコマンドも開きませんしその場から移動する事もできませんが、ターンゲージは進みます。

硬直時間に関しても技や呪文毎にそれぞれ異なる時間が設定されています。

ゲーム内部で実際にダメージや技の効果などが発生するタイミングは準備時間が終わり技の発動が確定したタイミングです。実際のゲーム画面でのモーションの見た目とはズレがある点には注意が必要です。

プレイヤーの準備時間中と硬直時間中の挙動をまとめるとこんな感じです。中央の緑色の縦線が技の発動確定タイミングの境目です。

次はモンスター側の準備時間と硬直時間についてです。

モンスターも基本的にはプレイヤーと同じ挙動です。

行動の本決定後に攻撃対象を射程内に捉えたら行動(準備時間)の開始です。準備時間中にキャンセルショットなどで妨害すると技をキャンセルさせることも可能です。

準備時間が終わり次第技の発動が確定し、硬直時間に入ります。

ただし、プレイヤーの場合は硬直時間中にもターンゲージは進みますが、モンスターは硬直時間中に基本ゲージは進みません。モンスターの場合は硬直時間が終わってから基本ゲージを溜め始めます。

ここだけ混乱しやすいので注意したいポイントです。

モンスターは

仮決定→基本ゲージを溜める→本決定→行動→繰り返し…

という一連の流れを繰り返して動きますが

この「行動」の部分をさらに細分化すると

準備時間→技の発動確定→硬直時間

となっているわけです。

仮決定→基本ゲージを溜める→本決定→準備時間→技の発動確定→硬直時間

色々な用語が出てきてややこしいですが、ひとつずつ覚えていけば自然と理解は深まります。

336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

336280