モンスターのゲージ 基本ゲージ

ドラクエ10のモンスターの行動は行動ゲージによって管理されています。
時間経過とともにゲージが溜まっていき、満タンになるとゲージを消費して行動を行います。
行動を終えてゲージを消費した後は、また最初からゲージを溜めはじめます。

キメラと戦っている様子です。

モンスターはこういう行動ゲージを持っているイメージです。

時間経過と共に行動ゲージが溜まっていき…

行動ゲージが満タンになると特技や呪文など、何か行動を行います。
画像ではキメラは「ひのいき」を使ってきました。

「ひのいき」を吐いていますね。あちちっ

行動が終わり満タンだった行動ゲージはカラになりました。次はまた最初から行動ゲージを溜めなおして行動します。

基本的にモンスターはこのようなサイクルで行動を行います。

行動ゲージの長さはモンスターによって違い、ゲージの長さが短いほど行動サイクルも速くなるという性質上、強敵ほど短めのゲージを持つ傾向にあります。

さて、他のゲームでは行動ゲージや体力ゲージ等が表示されているゲームもあると思いますが、ドラクエ10ではゲージ類の表示は何もありません。(今回ブログで使った画像はあくまでイメージです)ゲージは見えなくても、基本的には一定間隔で行動してくるだけなので特に困る事はありません。

ですが

「ドラクエ10のモンスターは目には見えないけれどゲージという概念のもとに動いている」

知っておくことが、後々の強敵ボスコンテンツや様々な戦術などを理解するためにとても大切になります

今回ご紹介した、モンスターの基本的な行動サイクルを制御しているゲージの事を「基本ゲージ」と呼びます。覚えておきましょう。

336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

336280