やいばの防御が間に合わない理由

こんにちは!やいばのクルルです!

やいばのぼうぎょは敵から受けるダメージを25%もカットしてくれる、とっても使える特技ですよね!

しかもエフェクトや効果音もカッコいいっ!

準備時間も0秒(=コマンド入力と同時にすぐに発動)なので敵がヤバい攻撃を仕掛けてきたのが見えてからコマンド入力しても大体間に合いますし、使いやすさも申し分無しです!

さて、そんなやいばのぼうぎょですが、準備時間は0秒のはずなのになぜか時々間に合わず失敗する事がありませんか?

敵が近づいてきて「うわっ、私が狙われてる!」と気づいたらすぐにやいばのぼうぎょを入力したはずなのに、そのあとに敵の攻撃を受けてもなぜかやいばのぼうぎょの効果が得られていないっ!

絶対にコマンド入力の方が早かったはずなのに…

何で…!?ラグ??

実はこれには理由があるんですよね。

準備時間と射程 (1)準備時間がある行動

ドラクエ10ではモンスターやプレイヤーが何か行動を起こすとき、それぞれの行動には準備時間と硬直時間というものが設定されています。

敵が何か技を使った時、まず敵の頭上に吹き出しが出ますよね。

この吹き出しが出た瞬間が敵が技を使いはじめた瞬間です。
ですがまだ、この時点ではプレイヤーはダメージを受けません。
吹き出しが出てからしばらくしてからプレイヤーにダメージが発生します。

この吹き出しからダメージ発生までの時間のズレ、これには準備時間が関係しています。

例えば、ドラゴンガイアの「もえさかる炎」

準備時間2.4秒硬直時間4.8秒です。(実測値)

「もえさかる炎」

と吹き出しが出てから2.4秒間は技を出す準備をしていて、吹き出し発生から2.4秒後に技の発動が確定しダメージが発生します。

ですが、実際のダメージ判定の瞬間と敵の行動モーションにはズレがありますので、画面ではまだ殴られる直前の描写でもゲーム内部では既にダメージを受けているという事もあります。またダメージ発生の描写や右下のHPアイコンの数値が減少するのも実際のダメージ発生の瞬間からやや遅れます。

こちらが先ほどの画像から2.4秒後です(内部でダメージが発生する瞬間)
炎を吐く直前の描写ですが、この時に既に内部ではダメージが発生しています。

黄色い丸で囲った部分、最初の画像では「もえさかる炎」と吹き出しが出ていたのがこの画像では既に消えていますよね!
敵の吹き出しは特に描写が重なったりラグ等がなければ2秒で消えますので、吹き出し発生から2.4秒後のこの画像では消えているというわけです。

その後は技毎に設定されている硬直時間を消化してから、敵は次の行動にうつります。

ドラゴンガイアの場合

A:敵が技を実行(頭上に吹き出し)、準備時間スタート
B:↓ 2.4秒
C:準備時間が終了し技の発動が確定(内部でダメージ発生)、硬直時間スタート
D:↓ 4.8秒(画面上でのダメージ表示やアイコンのHP減少はこの間)
E:硬直時間終了

という感じです!

※硬直時間は実はもう少し複雑な仕組みとなっているという説もあるそうなのですが、とりあえず今回は実測値を用いて解説しています。m(_ _)m

やいばのぼうぎょは準備時間が0秒、つまりコマンド「やいばのぼうぎょ」の決定ボタンを押した瞬間に即発動します。

ですので「B」の準備時間の部分、この2.4秒の間にやいばの防御を入力すれば実際にもえさかる炎が発動する前にやいばの防御が発動し、ダメージ軽減に成功するわけです。

キャンセルショットや体当たりなどで敵の技を中断させる事ができるのもこの「B」のときですね。準備時間が終わって「C」の状態になってしまうと技の発動が確定しますので、もうキャンセルショットなどで中断させることはできません。

このように、モンスターやプレイヤー行動には準備時間が設定されているので、準備時間が長いものに関しては吹き出しが表示されてから準備時間が終わるまでにやいばのぼうぎょを入力すれば成功する、という仕組みになっています。

実際に内部でモンスターの通常攻撃が発動確定してから画面右下顔アイコンのところのHPが減少するのにかかる時間も計った事があるのですが、ダークキングの場合

・通常攻撃(頭突き型)ダメージ描写は約0.53秒後

・通常攻撃(体当たり型)ダメージ描写は約0.73秒後

という感じでした。敵によって違うと思いますが、0.5秒とか0.7秒とか、けっこう間があるんですね。

準備時間と射程 (2)準備時間が0秒の行動

モンスターやプレイヤーの行動の中には、準備時間が0秒のものも存在します。

代表的なものが「通常攻撃」、俗にいう「Aペチ」ですね!

他にも、「すてみ」や「おたけび」、「魔結界」のような特技ってキャンセルが効きませんよね!

その理由が「準備時間が0秒だから」というわけです。

準備時間が0秒なので、コマンド選択し決定ボタンを押した瞬間に技が発動します。ですので、すてみやおたけびを間違えて選択してしまい、間違えたあああああ!とキャンセルボタンを押しても時すでにお寿司なんですよね><

わたしはどんくさいのでよくすてみを2連続でやっちゃいます…

さて、敵の通常攻撃(Aペチ)も準備時間は0秒です。

なので記事の冒頭で書いたように、敵がこっちに向かってくるのが見えてから急いでやいばの防御を入力しても、やいばのぼうぎょよりも先に内部で既に敵の行動が確定(ダメージも発生済み)しているためやいばの防御が成功しないという現象が起こる事があるんですね。

内部のダメージ確定と実際に画面上で敵が攻撃するモーションには時間的なズレがありますので、敵がAペチをする直前にやいばのぼうぎょを入力しているように思えても実際には敵のダメージ発生の方が先だったというわけです。

これが

やいばのぼうぎょを先に出しているのになぜか成功していない!?

とか

やいばのぼうぎょって本当に準備時間0秒なの?発生遅くない?

と感じちゃう理由です。

準備時間と射程 (3)射程

では敵がこっちに近づいて通常攻撃してきたとき、やいばのぼうぎょはいつなら間に合っていつなら間に合わないのか?

これには敵の攻撃の射程が関係しています。

プレイヤーが遠くにいるモンスターやプレイヤーを対象に選び特技を選択すると、ある程度のところまで勝手に近づいて行ってから技を発動しますよね。

この対象まで近づくという動きが「対象を射程に捉える」動きです。

対象が離れている場合、技毎に設定されている射程距離まで移動し、対象が射程内に入った時点で行動が発動します。

なのでモンスターの通常攻撃にやいばのぼうぎょを間に合わせるには、モンスターが通常攻撃の射程外にいるうちにやいばのぼうぎょを入力完了させなければなりません。

射程に入ってこられた時点で、モンスターが攻撃モーションを行っていなくてもダメージ発生は確定していますので以降やいばのぼうぎょを入力しても間に合いません。

これは準備時間が0秒の通常攻撃の場合です。吹き出しが出るタイプの攻撃ならば、対象に捉えられても準備時間が終わるまでにやいばのぼうぎょを入力すれば成功します。

なお、大半のモンスターの通常攻撃の射程は2m程度らしいですが、ダークキングはそれよりも少し長いようです(3mらしい?)

何メートルと言っても難しいのですが、例えば

「真やいばくだき」「ロストアタック」の射程が2m

「双竜打ち」「つるぎの舞」の射程が3m

「オノ無双」「真オノ無双」の射程が4m

です。

またウルベア地下遺跡のタイルはちょうど2mです。

敵が通常攻撃を選択していた場合、そのくらいまで近づかれた時点で通常攻撃の発生が確定するので、間に合わせるにはそれよりも先にやいばのぼうぎょの入力が必要です。

ですが、実践中に距離を把握するのはなかなか難しいですので

・追いつかれそうになったり壁が抜けてしまいそうな場合はあらかじめやいばのぼうぎょを入力する

・追いつかれずに逃げきれそうならやいばのぼうぎょは入力せずにそのまま下がる

という感じの使い方になりますね。

迅速なコマンド入力のために、よく使う特技を配置してあるページかその隣のページなどにやいばのぼうぎょを配置しておくと、敵の行動を見てからすぐに選択できるようになって使いやすくなります。
またやいばの防御はどの職業でも使うものなので、どの職業でもなるべく同じような場所に配置してその場所を覚えておくことで、よりすばやく入力する事ができます。

まとめ

やいばの防御はつよい!

大半の特技なら吹き出しを見てからの入力で間に合います。

キングプレスなどの発生の早い特技の場合は、吹き出しを見てからコマンドを探すのでは間に合わない事も多いので、あらかじめ敵の行動(AI連続行動やターンエンドなど)を予測しながら戦う癖をつけておくと良いですね!

以上、やいばの防御が間に合わない理由 でした。

またねっ!

336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

336280