仲間検索 緑玉の使い方

こんにちは!クルルです!

最近は新しい常闇の事が気になって気になって夜も眠れませんっ!

眠れない夜にはブログを書こう!

という事で今回は緑玉検索についてです。

何かのコンテンツに参加するとき、フレンドやチームメン、ルームメンなどで遊ぶ場合はメンバー間で誘い合って行けばよいですが、毎回メンバーの都合が合うとは限らないですよね。

フレンドが誰もインしていないけど日課の常闇コンテンツを済ませておきたい!!と、そんな時にうってつけなのが手軽に仲間を探すことができるのが仲間検索です。

みなさんは仲間検索(緑玉)システム、活用していますか?

わたしは基本的にボッチなので、コインボスや福の神、ピラミッド、試練買い、常闇コンテンツに悪霊周回などなど、これらのコンテンツでは幾度となく緑玉を使って何百回もパーティーを組んできました。

凄く良いメンバーが集まって楽しく遊んで気持ちよく解散する事もありますし、逆になんか怖い人と組んじゃったり言動がおかしな人と組んじゃったりして怖い思いをする事もあります。

まぁそういう当たり外れも含めて緑玉システムの魅力なのですが、できる事ならいつもなるべく良いメンバーと気持ちよく遊びたいですよね。

今回はそんな緑玉のあれこれ、良メンバーと組むためのコツ、すぐに誘ってもらえるようなコメントの書き方などについてお伝えしていこうと思います!

まずはコメントの基本的な書き方!

緑玉では、装備の外見(装備の種類、錬金枠の数など)は確認できますが、その錬金内容やベルトの効果までは確認できません。

例えば仲間検索の僧侶にこんな人がいた場合。

全て☆3装備でまとまっていて、頼りがいのある人に見えます。

ですが緑玉ではこれ以上の情報は確認できません。

もしかするとスティックの錬金は呪文発動速度が失敗していたりパルプンテ効果で変な効果が付いていたりするかもしれませんし、精霊王の上下も僧侶なのに攻撃魔力埋め尽くし錬金かもしれません。

ボスコンテンツでは特に必要耐性を揃えているかどうかが重要となりますが、緑玉システムでは相手がどんな錬金効果を付けているのかまでは確認できないため、錬金数が最大で一見強そうでも、この人が本当に信頼できる人なのかどうかまではわからないんですね。

耐性以外にも、ダークキングのアタッカーはスライムベルトを付けているかどうかが制限時間内に討伐できるかどうかの一つのカギとなりますが、輝石のベルトや戦神のベルトにどんな効果が付いているかに関しても緑玉では確認する事ができません。

こういう事情から、検索画面では確認できない「見えない情報」をコメントに書く事がとても大事な事になります。

また、常闇コンテンツの仲間募集では大抵「勝ち解散」「飯1周回」などのコメントも添えられています。

1回勝ってレグナライトを回収したらそこで解散するのが勝ち解散。1度バトルに勝利しても料理の効果が切れるまでは何度も戦い続けるのが飯1周回ですね。これも自分の希望がどちらかなのかを書いておかないと相手に自分の希望が伝わらないので、パーティーを組んだけど自分の希望と違った!など、無駄なトラブルを避けるためにも是非コメントに書いておきたいポイントです。

例としてはこんな感じですね!

スライム特攻ベルトが何パーセントなのか?毒ガードはちゃんと100%になっているのか?1勝ちなのか周回なのか?のポイントをしっかり押さえて書いておけば、誘う側の人から見ても、あなたがどんな人でどんな希望なのかを把握する事ができて誘いやすくなります。

ではこれはどうでしょう?

こちらも先ほどのコメントとほとんど同じで、あなたの事が簡潔に書かれていてぱっと見で良いコメントに見えまが、こちらのコメントでは先ほどのコメントに比べて仲間に誘われる頻度は下がります。

違いは毒ガードの部分ですね。ダークキングは毒ガードが80%や90%でも、勝つだけならそれほど問題ではありません。ですが特に野良では毒ガードは100%でないとダメという風潮ですし、やっぱり毒ガードが80%の人と100%の人ならば100%の人と組みたいなという人が多いと思います。

毒ガード100とわざわざ書かなくても毒〇で十分伝わるじゃないか!という気持ちはよくわかります。ですが毒〇というコメントでは毒ガードが100%とは限りません。毒ガードが80%でも毒ガードはついているんだから毒〇というコメントも間違いとは言えないですから。

誘う側からすれば、毒ガード〇と書いている人が本当に毒ガード100%なのかどうかまでは把握できず誘いにくいため、しっかりと数値で書いた方が良いというわけです。

検索画面では確認できない必要耐性などのステータスを書く

ステータス以外の必要な情報も書く。(勝ち解散か飯1周回か、コインボスなら何枚持ち寄り希望かなど)

この2点はとても重要なので必ず書くようにしましょう。

仲間検索で誘われにくいコメントや良くないコメント

・耐性○

これも「毒〇」と似たような感じですね。まず100%なのかどうかが分かりませんし、その人が必要耐性を本当に知っているのかどうかも分かりません。耐性に対する考え方、意識にも個人差があるので、面倒くさがらずに必要な耐性は全て書きましょう。耐性に無頓着なコメントを書くと耐性に無頓着なリーダーから誘われやすくなり、結果的に自分が苦労する事になってしまいます
「耐性〇」もそんなに悪くはないコメントなのですが、他に書くべき事があって文字数制限に引っかかる場合などは仕方ないですが、文字数に余裕があるならば 「2枚持寄 ブレス○○即死眠り麻痺100」という感じに変えましょう。それだけで断然誘われやすくなりますよっ!!

・アピールポイントが変

レグナードの魔法使いのコメントです。
攻撃魔力が高いのは良い事ですし、器用さが高いのも良い事です。
ですがもっと大事な事がありますよね。炎呪文ダメージアップは何パーセントなのか?器用さは数値自体が大事なのではなく、超暴走陣の上で暴走確定なのかどうか?という事です。このコメントでは単に攻撃魔力や器用さえ高ければ良いと考えている人、という風に判断されて誘われにくくなっちゃいます。
それに攻撃魔力や器用さなどの数値は検索画面で確認できますのでわざわざ書く必要はありません。
「炎〇% 超陣暴走確定」という感じに変えましょう!

・理解者のみ

理解者。つまりそのバトルを理解しているかどうか?理解している人だけ誘ってね。という意味のコメントですね。
もしこの人を誘ってこの人の考えと違う行動をした場合、「なんでメラゾーマばっか打ってたの?理解者のみって言ったのに…」と怒られる未来が容易に想像できます。ちょっと怖そうで誘いにくいですよね
それに理解の程度は人によって違います。理解者のみと書いたからと言って、自分の考えている理解のレベルと同じ人に誘われる保証は一切ありませんし、理解という言葉そのものが曖昧すぎます。

・慣れPT

これも理解者と同じく曖昧すぎて、その人がどういうパーティーを希望しているのかがイマイチよくわかりません。実際に組んだ時にこの人のイメージする「慣れ」と違った場合はやはり誘った人が怒られるのでしょうか?仲間検索に慣れている人ほど「慣れPT」といった類のコメントは書かないので、逆にこの人が慣れているのかな?と相手を不安にさせちゃいます。こちらも敬遠されがちなコメントです。

・要求が多すぎる

戦士2のみ希望で占い師入りはダメ、僧侶の回復魔力も850以下はダメ、というコメントですね。つまりこの人は戦士で「戦2道僧」構成で僧侶の回復魔力が850以上のパーティを探してるという事だと思いますが、そこまで条件を設定するなら自分でリーダーをして探した方が確実に早いです。
それに要求の多すぎるコメントはそれだけで「なんだか面倒臭そうな人」という印象を与えてしまい敬遠されやすくなります

・日課です

日課です。これは結構よく見ますが、ただ「日課です」と書くだけなのはあまり良いコメントではありません。
「日課で毎日やっています(慣れています)」とか「日課なのでサクッと終わらせたいです(良いメンバーと組みたいです)」という意味を含んだ言葉がこの「日課です」なのだと思うのですが、良いメンバーと組んでサクッと終わらせたいならば、それこそコメントはもっとちゃんと書くべきです。
パラディンや僧侶ならブレスや封印マヒ耐性の有無、重さなどをしっかりと数値で書く。魔法使いなら炎呪文や暴走率や雷耐性など、わたあめを使うならそれも書いてもよいですね。
それだけで上手な人に誘ってもらいやすくなり、サクッと終わらせられる確率も高くなります。

緑玉ではその人がどういう人なのかは、ステータスとコメントからでしか判断できません。
相手に自分をうまくアピールできているか?戦闘以外の必要な予備情報が相手にきちんと伝わりそうか?相手に与える印象はどうか?

この点を意識しておけば、自然と良いコメントが書けますし、仲間に誘ってもらえる事もとっても多くなりますよ!

コメントの書き方はコンテンツや時期によって変わる

ここまで、「耐性は○でなくて数値で!」「必要な情報は全て書く!」「余計なことは書かない!」と言ってきましたが、コンテンツの内容や時期によってはそれらが全て当てはまるわけではありません。

レアボスや福の神などは、誰が参加しても倒せて当たり前のボスですから、そういうコンテンツの場合もステータスアピールよりも「何枚持ち寄り可能なのか?」を書く事が重要です。

それ以外でも、コンテンツが実装されてからある程度の期間が過ぎ、全体的にそのコンテンツに慣れてきた人が多くなるにつれ、コメント欄も自然にゆる~くなってきます。

例えばタロットコインが出た当初は「デッキオールS!」のようにデッキについて書いたり「ブレス40転び100」のように耐性を書いている人が多かったですが、現在では「5枚まで」というように希望の枚数のみ書いている人が多いですね。

常闇コンテンツに関しても追加されてからだいぶ経っていますが、既に何百何千と戦ってきて、もう勝つのが当たり前になっているプレイヤーはわざと適当なコメントを書いているという場合もあります。多分どんなメンバーと組んでも勝つぞ!という余裕の表れなんでしょうね!
そういう方はコメントは超適当でも装備が強そうだったりステータスが高い方が多いので、検索画面で見えるステータスも合わせて確認すれば上手な人っぽいなというのは大体分かりますよね。

例外的にそういう一部のプロっぽい人や簡単なコンテンツではコメントは割とどうでもよかったりもするのですが、基本的にはやっぱりコメントはちゃんと書くようにした方が良いですね。

主要コンテンツのコメントの書き方

仲間検索で現在もよく利用されている項目は、ダークキング、レグナード、悪霊強、Sジェネラルあたりでしょうか、アプデ後は試練の門にプラチナキングが追加されますし、試練買いもまた盛んになるかもしれませんね。

これらのコンテンツで特に人数が多く、仲間検索であぶれてしまいやすい職業について、誘われ待ちをするときのコメントの書き方を一例として挙げておきますので、良ければ参考にしてみてくださいね!

・レグの魔法使い

炎ダメージアップが何%かを必ず書きましょう
魔法使いの耐性はあまり確認されない事も多いですがちゃんと書きましょう
雷がいくつかも実はかなり重要です
わたあめがあるならさらにポイントアップです
常闇コンテンツでは勝ち解散かご飯周回かの明記をした方が良いです

攻撃魔力や重さなどはステータス画面を見ればわかる事なので書く必要はありません。

ここまで書いておけば、人がいる時間帯ならよほど変な装備をしていなければ緑玉で売れ残る事は絶対にないはずです!※魔人の勲章さえ装備していなければ。

・ダークキングの戦士

スライム特攻が何パーセントかはレグの炎ダメージ同様必須です
毒耐性100%である事も必ず明記しましょう
宝珠を付けるのはもはや暗黙の了解のようなものです。これは書いても書かなくても構いません
常闇コンテンツではやはり勝ち解散orご飯周回の希望は明記しましょう

ダークキングの戦士に必要なのはスライムベルトと毒100、あとは特に無いんですよね。ここでは宝珠があるという事を書きましたが書かなくても問題はありません。それよりも闇を盛る事が出来たり追撃宝珠を付けているならばそちらを優先して書いた方が良いですし、通常ワンパン耐えます等と書いておいても良いでしょう。(これも一応ステータス画面で確認できますが)

ダークキングの戦士の場合は、大体みんな似たり寄ったりのコメントになります。なのでどちらかというとコメントよりも装備やステータスの方が重要視される事が多いのであまり参考にはならないかもしれません…

・悪霊強の踊り子

ブレスはあるなら必ず明記しましょう
耐性も、文字数が厳しいですが耐性〇と省略しなくても必要な事は全て書けます。面倒臭がらずに書きましょう
悪魔特攻ベルトがあるならそれも書きましょう
ララバイに振っているのか戦鬼に降っているのかも必ず明記しましょう
コインボスでは希望の持ち寄り枚数を書く事も必須です

悪霊強の踊り子もレグの魔法使い同様、ここまで書いておけばよほど変な装備をしていなければ、人さえいればすぐに誘われるはずです。

10枚などまとめて一気に消化したい場合は「5~10枚希望!」のところを「10枚のみ 枠30」という風にしてもギリギリ収まります。枠30というのは装備枠を30空けているよ~という意味です。

これはコメントではなく装備の話になりますが、耐性とブレス装備が両立できない場合は必ず氷闇の月飾りを装備し、鉄壁の闇耐性や鉄壁のブレス耐性も利用してベリアルのデスファイア対策を取りましょう。

また、天河のジャンビーヤやライトニングダガーのような属性武器を装備して仲間検索を出すのは絶対にやめたほうが良いですし、雷ダメージアップ10%などとアピールするのもNGです

悪霊強はバズズを倒すまでが悪霊強と言ってよいほどバズズの処理が重要で、バズズさえ倒してしまえばあとは消化試合のようなものです。そのバズズは全属性に耐性を持っていて、属性武器でのダメージがとても低くなりバトルが長引いてしまい危険です。踊り子と言えば属性武器が強いですが、悪霊に限っては属性武器はNGとなるんですね。
属性武器を装備した状態で仲間検索を出しても敬遠されますし、もし誘われたとしても誘った相手もバズズの処理についてわかっていない可能性が高く、グダグダなバトルとなる可能性も高いです。
少なくとも右手には無属性の武器を装備しておくようにしましょう。

海冥主メイヴ実装直後のコメント

新常闇の海冥主メイヴは4月に実装という事ですが、実装直後の緑玉は四六時中人がいっぱいです。
ステータスの高い人も多く、特にアタッカーは人口が多いため、適当なコメントではパーティーを組むことすら難しくなるはずです。

やる気のある人も多く、こんなコメントで溢れかえるはずです。

常闇実装後初の最強の日の緑玉コメントは本当にみんな必死です。フレンドやチームで行ける人は良いですが、私のようなボッチはパーティーを組むだけでも本当に一苦労なんですよね。

なので普段見るような事がない内容のコメントもたくさんあり、見ているだけでみんなの熱が伝わってくるほどです!

そんな中でありきたりのコメントを書いても中々パーティーは組めない可能性が高いので、ボッチの方は今のうちに何かインパクトのあるコメントを考えておきましょう!恥ずかしがったら負けですよ!

ちなみに先日、レグナードいこっかなぁ~と緑玉を眺めていたらこんなコメントの人がいたので思わずスクショに取ってしまいました。

正直タダ者ではないなと思いました。

これで誘われるのかなぁ??と30秒後くらいにもう一度見たらこの人はいなくなっていました。

今回は色々と緑玉の書き方を解説してきたわけですが、これを見て私もまだまだ素人だなぁと思いました。もっと勉強していきたいと思います><

まとめ

コメントにはステータス画面で確認できない見えない情報を書く!

必要耐性などが揃っているか、数値までしっかりと書く!

バトルそのものの事以外にも、持ち寄り枚数や周回の有無なども書く!

時には緩いコメントやネタに走るのもあり!?(ですが迷惑行為はやめましょう)

以上、仲間検索 緑玉の使い方、でした!

またねっ!

336280
336280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

336280